26歳が一回で成功させた転職体験談!失敗しない20代の転職準備

あなた
あなた
転職を成功させて、今よりも良い環境で仕事して、人生を充実させたいけど、転職失敗したらやだな~。そもそも20代で転職していいのかな?
やっぱり転職前に、実際の転職体験談を見て、確実に転職準備を進めていきたい!

と考えていませんか?

この記事では以下の内容を解説します。

・20代での転職は、メリット・デメリットのどちらもあるんです
・20代の転職が、転職時期としてちょうどいいのか
・筆者が26歳の時に転職した際の、実際の転職活動体験談
・あなたが転職を失敗しないために必要な転職準備とは

 

転職体験談 20代

お仕事お疲れ様です。
コウダイです。

上司の愚痴や仕事を言うことにも疲れて

「会社に行きたくない」

とベッドから離れられない朝を迎えていませんか?

筆者は、今では

「仕事帰りに今日は何をしようか」

と仕事帰りの寄り道ができるくらいの余裕や、副業もできたりと、公私共に充実していますが、つい一年前までブラックな会社に勤めておりました。

自分の夢である建築設計の仕事で大手ハウスメーカーに就職し、将来に希望を抱きながら仕事を始めたのも束の間。

毎朝叱責の嵐の職場は、怒号が鳴り止まず、仕事外でも現場から電話が掛かってきて

「俺は休みじゃない」

などと意味不明な理由で怒鳴られるわで精神も疲弊しておりました。

「このままでは会社に殺される。」

そう思った私は昼休みに会社の周りを放浪しながら、転職エージェントや転職サイトを活用し、見事転職に成功しました。

転職後は、視界に映る景色がこんなにも色づいていたのかと思うほど、世界が色鮮やかに見えております。

今回は、20代のあなたが今どんな状況で、失敗しないためには、何を判断材料に自分の人生の選択をすればよいのか。

26歳の時に私が一回で転職を成功させたノウハウを、詳細な体験談と共にお話していきたいと思います。

1.26歳が一回で成功させた転職体験談!失敗しない20代の転職準備

1-1.そもそも20代で転職するメリット・デメリットとは

そもそも、20代で転職するメリット・デメリットとして、どのようなものがあるのでしょうか。

「採用する側」と「転職希望者側」の両側の視点から見て行きましょう。

採用する側からの視点

まず、採用する側の視点ですが、転職者に求める条件として、

・即戦力であるか
・今後、会社に貢献してくれるか

ということを主に考えて採用活動を行なっております。

その観点からすると、社会人経験3年未満の20代の転職者には、

・即戦力として使えないのではないか
・また、すぐにやめてしまうのではないか

という印象を持たれる可能性が高いです。

しかし、3年程度社会人として働いていれば、そんなことはありません。

3年間の社会人経験があれば、「すぐにやめてしまうのでは」という懸念は薄まります。

また、もう一人前という判断もできるので、新卒採用の際に必要な基礎教育が不要であるのは、採用する会社にとって、大きなメリットです。

更に、まだまだ若いので、今後成長させられる人材として認識してもらえます。

そのため、20代である程度働いたあなたは、

・社会人経験のある一人前の人材で、即戦力として期待できる
・忍耐力がある
・まだまだ若いため、将来性がある

といった、求められる要素が整った人材であり、優位に転職活動を進められるのです。

個人的には3年間働くことを推奨しますが、どうしても3年以内に辞めなきゃいけない事情もあると思います。
そんな方々のため、本記事後半で今すぐ転職した方がいい判断基準を書いていますので、こちらからどうぞ。(記事後半へ移動する>>)

転職希望者側からの視点

次に、転職希望者側からの視点ですが、

・今よりも良い環境で働きたい
・新しく異業種にチャレンジしたい

といった考えが多いでしょう。

まずは、転職する上での注意事項として、以下の点は確認しておきましょう。

・大手の会社にお勤めで、社会人になって間もない場合、収入が下がる可能性が高い
・早い段階での転職履歴が残る
・転職癖がつく可能性がある

転職は良いことばかりではありません。

もう十分に認識していると思いますが、十分に準備して行う必要のある活動です。

しかし、20代での転職の強みとして、以下の強みがあることも事実です。

・新しい職種にチャレンジすることが問題なく可能である最後のチャンス
・もし仮に転職先がイメージと異なったとしても、再度の転職が可能な年齢
・将来性があるため、企業からも期待される人材

キャリアも1から構築できるので、前の会社の評価を引きずることなく再出発できるのも転職の大きな魅力です。

このように「採用する側」「転職する側」、どちらの視点から見ても、20代は優位に転職活動が進められる要素が多く、あなたの将来を変えられる年齢であるのです。

そして、上記の視点を理解した求人や採用担当者が多いのは、やはり20代の転職専門サイトや、育成プログラムも受けられる転職サービスです。

マイナビジョブ20’sネットビジョンアカデミーなどを活用することで、より効率的に転職活動がスムーズに進めていけるでしょう。

私が利用した際も、無理に転職を勧めず「まだ決めるのは早いですよ」と親身に相談に乗ってくれる担当者だったのが非常に印象的な会社です。

おすすめの転職サービスは本記事後半で紹介しています。とりあえずそっちを見たい方はこちらからどうぞ。(おすすめ転職サービスベスト3へ移動する>>

1-2.20代の転職は早すぎる?ちょうどいい?

20代のあなたが不安に思っていることの一つに

「転職のタイミングは今でいいのか」

ということが挙げられるでしょう。

結論から言うと、メリット・デメリットでも話した内容からもわかるように「ちょうどいい」タイミングです。

社会人スキル以外にも仕事で活躍できる営業スキルや技術的なスキルが、いやでもある程度身に付いている状況です。

異業種であっても、いまでは無料で育成プログラムも受けられて、スキルも得られます。

スキルをアピールすることができ、若さもある。

ステップアップするにも好条件がそろっているのが、今のあなたなのです。

あなたには、あなたが思っている以上の価値があります。

その価値をどんどん活用しない手はないです。

1-3.経験談からわかる失敗しないために必要な転職準備とは

さて、ここまで20代の転職におけるメリット・デメリット、転職タイミングが妥当かについてお話してきました。

ここからはあなたの周りの状況と、筆者の転職体験談を併せながら、あなたが転職に失敗しないために何が必要なのかを見て行きましょう。

一つの会社の世界しか知らない人とだけ話しても意味はない

まず、あなたは今どんな状況にいるのでしょうか。
転職時の共通の悩みとしては

「転職は逃げではないか」
「転職をしても同じ状況なのでは?」
「自分のスキルが足りないのでは?」
「転職失敗したらどうしよう」
「異業種の転職は、逆に苦労するのではないか」

そんなことを思い、その不安と葛藤しながら転職に躊躇します。

安心してください。

それは日本人であれば、当たり前の考えです。

一つの会社しか経験してない「あなた」の経験や「周りの人」の価値観によって、そのような思考回路となってしまいますから。

一つの会社しか経験していない人にとって、その会社にいることはベストな選択で、それを正義だと思っています。

そりゃそうです。そこで転職していいなんて言ってしまったら、自分の人生を否定してしまうようなものですからね。

「一つの会社の世界しか知らない周りの人」と「一つの会社の世界しか知らない あなた」で話して導き出される答えは

「今の会社に残ることがベスト」となるのは当然のことなのです。

一度引き止められても変わらない現実と環境

そんな状況であなが「転職したいので辞めます」なんて言おうものなら上司は全力で止めてくれます。

今まで育てた部下が辞めてしまうというのは上司にも辛いことであり、

「会社に残ることがベスト」

と考えているので、引き止めようとしてくれるのです。

叱責するような上司でも、無関心の人には叱責もしないのです。

一応念の為に言っておきますと、上司も人間なのです。

当時、私が退社の意思を伝えた際には、上司も全力で止めてくれました。

飲みにも付き合ってくれて、私の今までの不満もすべて聞いてくれたのです。

自分も外の世界を知らず不安があったので、その時は「もう一回頑張ろう」と思い一度引き止めに応じました。

引き止めに応じた結果としては、正解半分の不正解半分といったところです。

正解が半分の理由としては、当時の私は正常な判断ができない精神状態だったため、給与も休みも少ない会社に転職しようとしていたからです。

正直引き止めに応じず、その会社に転職していたらと思うとゾッとします。

不正解の理由としては、仕事も環境も変わったわけではないので、すぐに引き止め前の精神状態に戻り、毎日「会社に行きたくない」と思うようになってしまったためです。

結局、転職活動を再開することとなりました。

再開した転職活動

一度引き止められた時に、今よりも環境の悪い会社へ転職しそうになった自分の甘さを自覚した私は、

「自分の意思で時間をかけて探そう」

と決意します。

実際の転職活動では、自分に合った優良企業は未公開となってることが多く、転職エージェントに相談して未公開求人を紹介してもらうのが、必要不可欠でした。

しかし、転職エージェントも民間企業の一職員で人間であることも理解しておく必要があります。

あなたのことを全力で考えてくれたとしても、あなたを今まで人生も含めて理解できるわけではありませんし、企業であるため早急に利益を出さなければなりません。

そのため、転職エージェントに相談する前に、一度目の転職活動の経験と募集されている求人を併せて研究し、徹底的に自分と将来について考え抜き、以下のように結論を出しました。

Q1.自分が本当はどうしたいのか?
A.現場よりも行政のような固い仕事をしながら、副業にも励み自分の思うままに行動したい。

Q2.職場環境はどのようなものがよいか?
A.正しいと思えることのみを行える仕事内容で、残業が極力少ない職場。

Q3.年収が下がるにしても許容範囲はどの程度か?
A.必要最低限に加えて、年に数回旅行できる程度。

Q4.その会社は本当に今の会社よりもいい場所なのか
A.転職前にしつこいくらいヒアリングを行い、いい場所と判断。

その上で、転職エージェントに相談し、自分に合った未公開求人の紹介と、豊富な転職ノウハウを頂き、自分で成功と言える転職をすることができました。

自分で決めた条件にあう職場は、意外に探せばあるんです。

時間をかければ。

転職後の景色

転職後の今の職場は忙しくも楽しい、休日や仕事終わりにはしっかり休める会社で働いております。

仕事終わりの時間が、前の会社より格段に確保できたことで、副業にも力を入れられるようになりました。

また、大きく変わったこととして、前は見えているようで見えていなかった周りの景色が、色鮮やかに輝いて見えるようになりました!

これは、自分でも気づかなかったほど疲弊していた心が、転職で良い環境を得られたことで気づくことが出来た、激的な変化でした。

転職して自分に合った仕事をすれば、どんどん楽しくなり、意欲が無限に湧いてきます。

転職で良い環境に身を置くことで、自分の人生で見られる景色が全く異なったものに見れるようになるのです。

2.転職を悩んでいるあなたへ

さて、ここまで私の経験を基にした体験談と、転職をすることで得られる可能性について言及してきましたが、「どんどん転職しよう」なんて言うつもりはありません。

何回も転職するという行為は、世間から厳しく見られるだけでなく、どんどんドツボにハマってしまう危険性のある麻薬みたいな性質も持ち合わせているからです。

「転職してくださいなんて言っといてそりゃ無いだろ」

ということを思われるかと思います。

ごもっとも。

なので、転職するべき状況と転職時の注意事項についてお伝えして、まとめさせて頂こうと思います。

引き止めを経て転職して、転職経験者だからこそ伝えられることをお伝えします。

2-1.転職するべき状況

まず転職するべき状況についてですが、以下の2つであれば転職するべきです。

①命を落とす考えがよぎったとき。
②長期間毎日会社に行きたくないという苦悩を伴うとき

①の命を落とした方が楽と考えてしまう職場であれば転職するべき職場です。今すぐにでも辞めましょう。

会社は利益を得るために従業員を働かせるのであって、あなたを守ってくれるものではありません。

あなたの身体に何かあっても会社は何もしてくれないのです。

会社には、あなたが命を捧げるような価値は、これっぽっちもありませんので即刻辞めましょう。

短期間の転職であっても気にすることはありません。
現在は正社員経験3年未満の方でも転職できる仕組みがJAIC(ジェイック)という転職エージェントで構築されています。
社内の雰囲気から福利厚生まで、実際に足を運んで、厳正な審査に通った求人のみを紹介しているので安心です。
実際、90%以上の方が定着し、新たなキャリアをどんどん積んでいます。
通常の転職サイトのように、転職希望者全員を対象としているのではなく、社会人経験3年未満の方や、第二新卒の方などを対象としているので、通常の転職でデメリットになる条件もデメリットになりません。
リンク:就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

②の長期間毎日会社に行きたくないと思う時も完全に異常です。

そんな環境下で得られるものは少なく、得られるものといえば、会社の歯車になるための知識くらいです。

会社だって永遠に続くわけではありません。

会社が無くなっても生きていける人というのは、会社の仕事で得られる知識以外にも、貪欲に知識を追い求めて成長する人で、皆エース級に仕事ができます。

会社に行きたくないと苦悩するほど会社と仕事が嫌いであれば、すでに成長は止まっています。

自分の成長のためにも転職しましょう。

2-2.転職時の注意事項

転職するべき状況の条件に当てはまったあなた。

とりあえず深呼吸をしましょう。

これから提示する注意事項は、人によっては酷かもしれませんが、あなたの人生に関わることなので、あえて提示します。

以下の注意事項、可能な限り守ってください。

①就業期間が3年未満であれば3年は続ける。
②取得目標を立てていた資格があるなら、それをとってから。
③転職先は必ず在職しながらゆっくり探す。
④自分の転職条件はしっかりと設定し、必ず守る。自分の転職後の環境を明確に。
⑤転職先への確認は妥協しない。知りたいこと全て聞く。
⑥転職エージェントを効果的に利用するため、相談する前に十分に研究する。
⑦あなたを育ててくれた家族や上司の言葉に耳を傾ける。
⑧次の転職を最後という気持ち行う。

今すぐ命を絶とうと考えてしまっている方はこの注意事項は気にしなくていいです。

とりあえず会社に辞表を出してきてください。

生きる方が大事です。

それ以外の方々は、これらを必要最低限守った方が良いです。

3年も働けば社会人の基礎は固まるし、資格があれば自信にも繋がります。

また、会社を辞めてから転職活動をすると、収入面の不安も追加されて余裕がなくなり、結果的に条件の悪い会社でも良く見えてしまう程、目が霞んでしまいます。

転職は不安なものです。

経験と資格があれば心の持ちようも、次の職場での働きかたも全く違います。

少し酷かもしれませんが、あなたの人生が良い方向に進むように、あえて提示させて頂きました。

2-3.20代で転職した経験を持つ筆者が厳選した転職サービスベスト3

最後に、多くの転職サービスと3社の転職エージェントを利用し、20代で転職した経験を持つ筆者が、おすすめの転職サービスを3つ厳選してご紹介致します。

20代のあなたが余分な情報で時間を浪費しないように、20代の転職活動に必要な「20代を対象とした求人の見つけやすさ」「サポート体制の充実度」について比較し、厳選しました。

あなたの将来を明るい未来とするためにも、しっかりしたサービスを利用し、充実した環境の職場を見つけましょう。

マイナビジョブ20's
マイナビジョブ20's

大手転職サービスで、唯一20代を対象としているのがマイナビジョブ20'sです。

大手なので20代に絞った求人が幅広く、多く揃えられています。

転職サイトではなく、エージェントサービスなので、担当者がつきますが、転職活動時に不安な提出書類の添削や、面接対策も、豊富な実績データをもとに行ってくれるので、安心して転職活動ができます。

また、私が利用したときには、無理に転職を迫ることなく、一度引き留めてくれたこともありました。

一度よく考えた末に転職活動を再開できたことで、今の私があります。

20代向けの求人数、サポートともに、文句なしのサービスです。

ネットビジョンアカデミー

ITエンジニアに挑戦する20代におすすめしたいのがネットビジョンアカデミーです。

ITエンジニアへの転職希望者のみの情報となってしまいますが、ITエンジニア希望なら、受講期間1ヶ月で資格取得も転職もできるというとんでもない速さで、正社員就業率90%という数字を叩き出しています。

未経験・転職者・即戦力になれるITスクールとしても1位を獲得するほど満足度も高いです。

2ヶ月間シェアハウスが無料という驚きのサービスがあるので、受講期間中住むところが必要な方は利用してみるのもアリですね。

エンエージェント

言わずもがながら有名なエンエージェント。

20代に限定されているわけではありませんが、平均年齢20代の転職・求人情報が見ることができます。

結構積極的に面談の連絡が届きますのが、どうしても誘導してもらいたいという方にはピッタリなサービスでしょう。

求人数も申し分なく豊富にそろっております。

まとめ

さて、本日は仕事帰りの時などに転職を考えている20代の方に向けて、26歳の時に私が一回で転職を成功させたノウハウについて、お話しましたが、いかがでしたでしょうか。

社会の構造もわからない学生の状態で、就職した会社が合わないなんて当たり前のことです。

再度以下の注意事項を提示させて頂きますので、最低限注意事項を守って、転職すべき方はマイナビジョブ20’sなどを活用して効率的にさっさと転職しちゃいましょう。

①就業期間が3年未満であれば3年は続ける。
②取得目標を立てていた資格があるなら、それをとってから。
③転職先は必ず在職しながらゆっくり探す。
④自分の転職条件はしっかりと設定し、必ず守る。自分の転職後の環境を明確に。
⑤転職先への確認は妥協しない。知りたいこと全て聞く。
⑥転職エージェントを効果的に利用するため、相談する前に十分に研究する。
⑦あなたを育ててくれた家族や上司の言葉に耳を傾ける。
⑧次の転職を最後という気持ち行う。

また、命を絶とうとしてる方は別です。

私の注意事項なんて無視して、今すぐその会社辞めてください。

生きていれば、とりあえずなんとかなります。

そのために生活保護などの制度が日本にはあるのです。

命は全て尊いもので、軽い命なんてありません。

とりあえず生きて自分の人生について最良の方法を家族や友人達と考えましょう。

それ以外の方も転職に妥協は禁物です。

日本で生きていくのであれば、しっかりと将来を見据え、自分の人生を最良のものとするためにしっかり努力してください。

酷なことを言っておりますが、大事なことです。

家族や友人、上司にどんどん相談して、一緒に考えましょう。

また、普段スーツでなくラフな格好のために、会社にばれないように転職活動する方法について悩んでいる方は、以下の記事を見て頂くと参考になるかもしれません。

(参考記事)ジム用荷物を1つのバッグに!おすすめビジネスバッグ

スーツを持ち運ぶための記事を書こうと考えた際、ジム用のバッグで全て網羅されていたので、こちらを見て頂ければ解決できると思います。

ジムの部分は読み飛ばしていただいて大丈夫なので、おすすめバッグとおすすめアイテムを活用して転職活動に役立てて頂ければと思います。

それでは今日もお仕事お疲れ様でした。
また仕事帰りにお会いしましょう!では〜

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました