心も体も癒される!銭湯の癒し効果を効率的に得られる8の知識!

「銭湯で心も体も癒やされたい!」と思っていませんか?

「一週間頑張った身体にご褒美をあげたい!」

また、「仕事終わりからの具体的なスケジュールを知りたい」と考えていませんか?

本記事では以下の内容をお話したいと思います。

1.心も体も癒される!銭湯の癒し効果を効率的に得られる8の知識!
2事前準備から帰宅まで徹底解説!参考にしたい銭湯寄り道スケジュール

どうも皆様お疲れ様です。
仕事帰りオタクのコウダイです。

この4年半、毎週銭湯に通っていることを、当ブログでは銭湯に行った経験談も含めてお伝えしてきておりますが、よくよく考えたら

「銭湯が与えてくれる効果について、まったく書いてなくね?」

ということに気づきました。

せっかくなので、私と同じく銭湯で癒やされたいと考えている皆さんに、銭湯が好きすぎたことで蓄積した、癒やしを得るための効果的な知識と、仕事終わりに実践している寄り道銭湯スケジュールについてご紹介いたします!

皆さんの銭湯ライフがより良いものとなるように、ご活用ください!

1.心も体も癒される!銭湯の癒し効果を効率的に得られる8の知識!

1-1.銭湯が人に与える癒し効果

そもそも、銭湯で得られる癒し効果とはどのようなものがあるのでしょうか?

「漠然とスッキリできる!」「身体があったまる!」とか感じておられると思いますが、具体的には以下の効果が期待できます!

①リラックス
②ストレス解消
③スキンケア
④身体があったまる
⑤デトックス効果
(体内に溜まった有害な毒物を排出すること)
⑥自律神経を整えてくらる
⑦加えて泉質によっては冷え性などの効果も得られる

銭湯には上記の効果が期待できます!

言われてみれば感じているものが、多いのではないでしょうか!

この銭湯で得られる効果が、なぜ得られるのか、どうしたらより効果的に得られるかを次項で紹介します!

1-2.銭湯の癒し効果を効率的に得られる8の知識

①静水圧を意識する

家庭のお風呂の大きさは平均的に200リットル程度と言われております。
一方、銭湯の湯船を満たすお湯は約1,000リットルです。
お風呂に入ると人の体には「静水圧」という圧力がかかり重力の関係で下の方にいってしまった血液や体液による「むくみ」を解消してくれる効果があります!

銭湯はもちろん湯量が多く広い湯船なので、その静水圧効果もより強く作用します。
血液や体液が身体にしっかり循環すれば、より一層気持ち良さも感じられますので、より深くより広いお風呂で、静水圧効果を最大限発揮させましょう!

②視覚的な刺激を得る

出典:野天湯元・湯快爽快 「湯けむり横丁」みさと

人間は情報の8割を視覚から得ているというのは有名な話ですが、銭湯には視覚に刺激を与えてくれる仕掛けが多く存在します!

また、自宅の小さな湯船に浸かるよりも、大きな湯船に浸かっているときの方がリラックス状態を示すアルファ波が出やすいという研究結果も出ております!

ライトアップされた露天風呂は非常に綺麗ですし、中庭や小屋なんかも設置されている銭湯もあります!
綺麗に彩られ広々とした銭湯でより一層リラックスしちゃいましょう!

③ヒートショックプロテイン(HSP)得る

ヒートショックプロテイン(HSP)とは、身体に熱を加えると増加するタンパク質のことで、ストレスや傷害などで傷ついたタンパク質を修復したり、疲労物質を減らしたりする効果があります!

HSPを得る方法としては、42度の熱いお湯に合計で10分入る入浴方法を2日間行うと効果が高いようです!
もしくは41度のお湯に15分でも良いそうです!

家のお風呂ではお湯がぬるくなりがちですが、銭湯ではお湯を一定温度に保っているので、この入浴方法が簡単にできますよね!
しかし、心臓が強い人向けでありますので、高齢の方などは無理のない体調に合わせた入浴方法で銭湯に入りましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました