まだYoutuber始めてないの?すぐ投稿を始めるために必要な事

あなた
あなた
Youtuberになりたいけど、動画編集や撮影なんてやったことないから何をすればいいかわからないなぁ。とりあえずYoutuberとして動画投稿を始めるために最低限必要な機材とか知りたいなぁ。

と考えていませんか?

本記事では以下の内容をお話します。

・Youtuberに今すぐなれる知識が得られる
・撮影方法や編集方法がわかる(無料でできる編集方法あり)
・Youtuberを始めるために最低限必要な機材がわかる
・顔出しが嫌な方。VtuberもマイクとPCがあれば始められるんですよ。

今日もお疲れ様です。
コウダイです。

最近は、

「スマホさえあれば、Youtubeへの投稿を始められる」

という声をききますが、色々調べてみると、どうやらスマホだけじゃダメそうと、まずそこで躓いてしまいますよね。

筆者も、Youtubeへ動画を投稿するまでに散々苦労して、躓きを体験しているので、気持ちが非常によくわかります。

実際に始めようと調べてみると、カット編集やテロップは必須条件みたいなことが書いてあるブログが結構あります。

しかし、筆者の場合は、収益化できるか不安なところで何万円もする編集ソフトを購入する決断ができませんでした。

そこで、無料ソフトで編集しようとしましたが、使い勝手が悪すぎて一度挫折しております。

(後々調べてみると、年間6,980円で使えるFilmoraを使えば、挫折することなく、動画を作れたみたいですが。。。)

「編集などしないで、そのままアップロードすればいい」

という考えの方もおられると思います。

しかし、顔出ししたくない人などは、スマホ1台だけではどうにもならない時もあります。

そして編集ソフトを頑張ろうとして挫折してしまうという負の連鎖に陥ってしまいます。

今回は、そんな筆者の挫折経験を基に、編集ソフトが無くてもYoutuberになれる方法。

そして、無料でできる編集の方法と、なぜ有料の編集ソフトを使うのがオススメされているのかということ。

最後にYoutuberとして動画投稿を始めるために必要な最低限の機材について紹介していく。

1.まだYoutuber始めてないの?すぐに投稿を始めるために必要なこと

1-1.これさえあれば当面大丈夫!Youtuberになるために必要な最低限の機材

先程、スマホがあればYoutuberになれるという方がいるとお話しましたが、極論スマホがあれば投稿を始められます。

しかし、動画を投稿し、収益化を狙いたいなら、スマホスタンド、マイク、スタンドライトくらいは用意しましょう。

スマホを使った撮影の場合、スマホが固定できないと話にならないので、スマホスタンドが無いと撮影ができませんよね。

手で持ってても、映像はブレブレで、見れるような状態にはなりません。

また、マイクが無いと、雑音が入ったり、音質が悪かったりと、正直聞けたもんじゃありません。

最後に、スタンドライトですが、カメラを通して見る映像は、非常に暗く見えてしまいます。

「動画を再生したら、何か暗い人が出てきた。」なんてことになったら、視聴者は、そっと動画を閉じてしまうでしょう。

実際、チャンネル登録30万人超えのYoutuberマナブさんの撮影機材紹介動画でも、撮影機材はこの3つだけです。

そのマナブさんが紹介してる機材のリンクと、筆者が使ってる機材のリンクを貼っときますので、参考にしてみてください。

 

【マナブさんの使用機材】

・マイク

・スマホスタンド

【当ブログ筆者(コウダイ)の使用機材】

・マイク(かなりこだわってます。)

・スマホスタンド(アマゾンのベストセラーです。)

 

また、色々調べるていくと、

「何台ものカメラやライトが必要」という意見や、
「高性能なカメラが必要」なんていう意見があったりしますが、最初からそんなに揃える必要はありません。

なぜなら、最初に投稿した動画は、ほとんどが後で廃棄処分になるからです。

動画を投稿していく中で、どんどん自分のスタイルが確立され、視聴者のニーズも理解できてきます。

その頃には、もちろんスキルも上がってるので、結果として、最初の動画を削除することになるのです。

なので、とりあえず最低限の機材を揃えて、まずは投稿を始めましょう。

それが一番の近道です。

1-2.動画さえ撮れば、無料で簡単な動画編集をできる方法もある

このブログに辿り着いたあなは、

「動画をとっても、編集が難しそうだし、有料ソフトは結構値段する。」

と悩んでいる人が大半でしょう。

しかし、Youtube上で、カット編集できる機能がついていることを多くの人が知りません。

主に理由は2つあります。

まず一つが、そもそもYoutubeクリエイター画面まで辿り着いていないためです。

Youtubeクリエイター画面まで辿り着いて、ある程度触っていれば、Youtube上で編集できることに気づけます。

しかし、ほとんどの方が、Youtubeクリエイター画面に辿り着く前に諦めてしまう。

そのために、Youtubeが提供してくれている便利な機能に気づく前に、挫折してしまうのです。

もう一つの理由が、動画編集も上達した方々は、有料ソフトの重要性を理解しているためです。

そのため、有料ソフトを勧めてくれているのですが、初心者には中々ハードルが高いものとなります。

また、アフィリエイト報酬が得られる有料ソフトを紹介する傾向にあることも理由の一つです。

確かに、

「将来的には有料ソフトを使ったほうがいいなら、最初からそのソフトに慣れといた方がいい」

という意見もあると思います。

しかし、有料ソフトの値段に尻込みして、動画投稿を諦めるなんてもったいないことは、一番避けたいところ。

まず「Youtubeへの動画投稿を始める」という最初の一歩を踏み出すことが重要です。

そのためにも、Youtube上でカット編集をしてみて、Youtubeに動画投稿するとは何かを理解することが大切です。

ハードルを下げることを意識しましょう。

1-3.有料編集ソフトを使うことで見やすい=見られる動画が作れる

いろんなブログを見ていると、

「無料ソフトだけで編集した動画だけで十分」

というまったく逆の意見も見られます。

しかし、将来的には、他のクリエイター達に負けない動画を投稿するためにも、有料ソフトは必要でしょう。

無料ソフトでは、プログラミングに詳しい人で、かつ英語が得意な方でないと使いこなせないソフトが多数存在するからです。

実際、私が最初に利用したのは、「AviUtl」という無料のソフトです。

「AviUtl」本体に「プラグイン」というパーツを色んなサイトから集めて、自分で組み立てないといけないものでした。

あまりプログラミングに詳しくない私も、何日かかけて、何とか組み上げることができました。

しかし、カット編集などを5時間かけて、いざ動画を出力しようとしたら、出力できない。

喪失感がすごかったです。

いろいろ調べて試行錯誤しましたが、結局なにもできず、挫折してしまうこととなりました。

そんな挫折経験をしたことで、再度始めようと思うまで、半年間もかかり、スタートが遅れるという結果となりました。

中には、

「ある程度パソコンが使えれば大丈夫でしょ。」

と考えられる方もおられるかもしれません。

そんな方は、一度試していただくと良いかもしれません。

いつか、無料ソフトの壁にぶつかる時がやってきます。

先程紹介した「AviUtl」も、使いこなせば、有料ソフトと同じくらい使えるソフトということです。

2日ほど用意していただいて、使えるようになれれば、そのまま作業を進めてもらえればと思います。

しかし、

「2日経っても中々使いこなせない」

という方は、Youtube上の編集機能で、編集のイロハを確認した後、有料ソフトを使ってもらった方が良いでしょう。

操作も直感的に整えられており、機能が豊富な有料ソフトは、レベルアップも早く、さらなる高みへ行くことができるでしょう。

2.顔出ししなくてOK!マイクとPCと2,000円さえあればVtuberになれる

「顔出しをしたくない!」けど、「Vtuberになるのは難しい」と考えてる方、いらっしゃるのではないでしょうか。

安心してください。

今の時代、便利なもので、しっかりクオリティも高く、簡単に、安価でVtuberになれる環境が整っております。

まず、Youtuberとの機材の違いについてお話しましょう。

スマホスタンドは、パソコンに内蔵されているカメラで十分ですし、ライトは、そもそも現実世界を映すわけではないので、不要です。

パソコンにカメラが内蔵されていない場合も、パソコンに設置できるカメラを用意すれば良いので、スタンドは不要なのです。 

その代わり、

バーチャルアバターを作成・操作するための「Facerig」などのソフト、
画面と音声を録画したり、生配信もできる「OBS」

という2つのソフトが必要となります。

ただ、Facerigは14.99ドル(約1,600円程度)と、2,000円を切ってます。

加えて、二次元キャラにするためのオプション機能も3.99ドル(430円程度)と合わせても2,000円程度です。

加えて、「OBS」に関しては無料で利用することができるので、2,000円程度か、それ以下で始めることができます。

「Facerig」は、「キズナアイ」クラスのトップVtuberのように体まで動かすということはできません。

しかし、顔のパーツや上半身を左右に動かす程度であれば、非常に反応がよく、自然に動かすことができます。

そのため、今からVtuberを始める方にも、クオリティの高い動画を作る手助けをしてくれるツールとなるでしょう。

参考までに、まだ動画投稿を始めたばかりの筆者の動画を貼っておきます。

こんな初心者でも、以下のような動画を作成することができます。

初デートで押さえておくべき失敗しないために必要な知識10選!

なお、バーチャルアバターを作成・操作するソフトとして、他にも以下のようなソフトがありますので、参考にしてみてください。

パペ文字
 無料。iPhone X以降のみ対応。全身だけでなく、顔だけキャラにすることも可能。

Vカツ
 無料で自分のアバターを作成することができ、5,000円で外部サービスへの書出しも可能。カメラで顔の動きを認識して動かすこともできるが、Facerigと比べると、細かく滑らかには動いてくれないようです。滑らかに動かすにはVRデバイスが必要です。Vカツでは、VRデバイスを持っていれば、体全体を動かせるので、VRデバイスをお持ちの方は、こちらも検討して良いかもしれません。

FaceVtuber
 ウェブ上で、カメラさえあればバーチャルアバターを動かせるサービスです。

手軽にとりあえず始めてみるという観点でいけば、「Facerig」と「OBS」の組み合わせがおすすめです。

最も簡単に、クオリティを確保した動画を投稿できる方法でしょう。

まとめ

さて、本日は

「Youtubeへの動画投稿を、今すぐ始めるための知識」
「VtuberもマイクとPCがあれば始められる理由」
「無料でできる撮影方法や編集方法」
「Youtuberになるために最低限必要な機材」

の4点についてお話しましたが、いかがでしたでしょうか。

「興味はあるけど始められない」という方、結構多いのではないでしょうか。

そういった方が陥る、最もマズい状況としては、筆者のように、そのまま始めずに後で後悔してしまうことです。

そうならないために重要なのが、とりあえず始めてみるということ。

一番進歩するのは、徐々に改善しながら続けてみることです。

実際、筆者もブログを始めて約1年程度です。

最初は誰も見てくれなかったブログも、現在では毎月1,500PV以上も見てもらえるブログを書けるようになりました。

継続する力は偉大です。

そのためにも、最初の一歩で挫折しないように、ハードルを下げて取り組んでみることから始めましょう。

そうすれば、いつの間にか、高みに辿り着いているはずですよ。

ちなみに、ブログに興味がある方は、「ブログを始めるにはどうしたらいい?あなたが知るべき7つのステップ」を覧いただくと、スムーズにブログを始められます。

それでは今日もお仕事お疲れ様でした。
また仕事帰りにお会いしましょう!では〜

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました